まずは最初の一歩を踏み出すことが肝心。

「いつかは独立したい」「自分のお店をもつのが夢」という人は多いでしょう。しかし、具体的に何をどうすればよいのかがわからないのが現実です。有料の起業セミナーなどもありますが、起業準備には大なり小なりお金が必要です。なるべくなら独立して生活が落ち着くまで出費は極力抑えたいところですよね。「最初の第一歩」を踏み出せるよう、順序立てて考えていきましょう。

まずは起業する「理由」を決めよう。

なぜ起業したいのか、自分で納得できる「理由」を考えましょう。どんな小さな理由でも良いですよ。起業後、辛いときや苦しいとき「なんでこんなことしてたんだっけ?」とならないように、しっかりと自分の心に刻み込んでおきましょう。この理由が自分自身の「軸」となります。ぶれない軸でありたいものですね。「なんとなくかっこいいから」「楽できそうだから」などといった理由では、軸が折れるのは時間の問題ですよ。

何をしたいか、アイデアを決めよう。

次に、何で起業したいのかを決めましょう。自分の得意分野や好きなことが明確にあれば問題ありませんが、不明確な時は注意が必要です。どんなことでもビジネスにはなりますが、出来るならば工夫してオリジナリティある面白いアイデアを作り上げていきたいですね。

目標となるビジネスモデルを見つけよう。

時間をかけて考えたどんなに面白いアイデアも、ほとんどは先を越されています。ならば、自分の理想・考えに近い人を参考にさせてもらいましょう。その人を真似るところから入り、少しずつアレンジを加えていく方法も良いですね。

いざ起業。継続は力なり。

どれだけ準備しても、いざ始めてみるとイメージ通りにはいかないことがほとんどです。失敗を重ねて、経験値を積んで少しずつ成長していくのです。「起業=継続すること」と覚えておきましょう。

フランチャイズとは個人が本部である企業に加盟することで、その企業の看板や商品を使用する権利をもらって営業し、その対価を本部の企業に支払う営業形態のことです。

起業で見つける