倉庫の始まりっていつだろう

倉庫という言葉は、誰だって聞いたことがあるでしょうし、倉庫に入ったことがない人も倉庫のイメージを持っているでしょう。そんな倉庫は一体いつ頃誰がどんな目的で作ったのでしょうね。太古の昔、古代人は食料を貯蓄するために、貯蔵庫というものを作りました。生きていくために必要な食料を保管しておけば、飢えを死にすることはありません。必要なものを必要なだけ貯めておける場所…それが倉庫の始まりだったのかもしれません。現在の倉庫だって、在庫を切らさないために商品が大量に保管されていますからね。

現代人が保管したいものは?

縄文人は、高床式倉庫を作り食料を保管しました。現代人だって同じように冷蔵庫に食品を入れて保存していますよね。倉庫で保管するものは、お店で品物を切らさないための在庫だと言えます。今の時代は物を消費するのが当たり前ですから、昔よりもさらに大量のアイテムを保管しなければなりません。物流センターと呼ばれる巨大な倉庫の中には、何万点という数のアイテムが在庫として保管されているのです。

もしも倉庫がなかったら…

今と昔は違います…何が違うってとにかく人口ですよね。人口がどんどん増えているもんですから、一人一人が使うものだって大量に作っておかなければ足りなくなります。資源が不足している現代においてはエコロジーが求められます。しかし、必要なものはやはり大量に作っておかないと足りなくなってしまいます。だからこそ倉庫というものが必要だし、もしも倉庫がなかったら大量に作った商品や食料を保管することはできません。そう考えると倉庫の重要性を改めて感じることが出来ますよね。

3PLとは会社にある物流部門を一括でアウトソーシングすることで、物流にノウハウがある会社が行うことで、効率化やコストダウンにつながるメリットがあります。また表向きは自社として働くので違和感がないです。

3PLの物流にアクセス