荷造り用のダンボールの種類と使用方法

人生の中で多くの人は引越しを経験するのではないでしょうか。引越し作業の中では、何と言っても荷造りが大変ですよね。引越し業者に頼むとダンボールを無料でもらえたりレンタルすることができるのです。通常のダンボールは大小2種類で、大きいサイズには軽い物を、小さいサイズには重い物を詰めましょう。ダンボールを組み立てる際には、面倒くさがらずに底にはガムテープを利用しましょう。特に重いものを詰める際、テープを使わず底を互いに組んでるだけだと抜けてしまうことがあります。また、テープは十字架にしっかり張れば強度が増しますよ。さらに、シャツ、スーツやコートなどしわをつけたくない衣類にはハンガーケースがおすすめ。多くの業者でレンタルすることができるので利用してみましょう。

ダンボールってどのくらい必要なの?

荷物の多い人少ない人様々ですが、おおよそダンボールってどのくらい必要なのかわかりにくいですよね。いざ荷造りしてみると、ダンボールの数が足りなくなってしまった経験を持っている方も多いのではないでしょうか。間取り別に見てみると、ワンルーム、1DK、1LDKではおよそ10~15個、2DK、2LDKではおよそ20~30個。3DK以上ではおよそ50個程度となっています。足りなくなっても、スーパーや家電量販店で無料でもらうこともできるので安心を。また、引っ越しを機に荷物を減らしたいと考えている人は、引っ越し業者が仲介してくれるリサイクルショップを利用すると、捨てるのに多額の費用が掛かるものも、買い取ってもらえて、費用が抑えられたり、時にはプラスになることも。無料で査定してもらえるので一度検討するのもアリですね。

急な引っ越しの際、不用品の回収に困ります。電話1本ですぐに対応してくれる業者があります。不用品の分別をする必要もなく、料金プランもシンプルで安心です。

不用品回収なら東京を読む