Type your search keyword, and press enter

始まりのたった15分!その時間が1日の作業効率を決める

朝、今より10分早く出社する

1日に費やす時間は誰でも平等です。そうであれば1つでも多くの仕事をこなせた方が良いですよね。

その一歩として、朝の出社時間を今よりも10分だけ早くします。そして、今日やるべき作業をまずはメモ用紙やエクセル等のソフトを利用してリストアップしていきます。1日の作業をおぼろげに頭の中で「今日はあれとこれと・・・」と考えるだけでは、いつのまにか忘れてしまいがちです。最悪なのは終業時間間近になって思い出し、上司に残業申請の報告をしなければならないという事態です。当然、上司からは理由を質問され、「今まで忘れてました。」なんて説明するのは非常に心苦しいですよね。書き出すことで視覚的にも印象に残り、やるべきことが明確になるので、忘れない様になります。

作業の優先順位をつける

リストアップした作業が明確になったら次は各作業の優先順位をつけます。

同時に複数の仕事をこなす人がいますが、何も考えずに仕事をこなしている訳ではありません。各作業の優先順位や作業後の対外的な確認待ち時間(例えば上司が資料を確認する時間)を計算して複数の作業をこなしているのです。

そのため、今日やるべき作業の優先順位は、極力無駄が発生しない作業の組み立てを考えて行う必要があります。もちろん短納期の作業がある場合はそれを最優先に行う必要はありますので、自分の都合だけで組み立てを行わない様に注意が必要です。

始業開始前のたった10分の整理が、その日1日をスマートに過ごすための重要なファクターなのです。

ワークフローは作業の手順がが矢印などの図で示されたものです。作業の始まりから終わりまで、順番がが明確に決まっているためスムーズに作業が進みます。

BPMの更新情報
サイトにアクセス

実は簡単!?少資本から始める起業のやり方

始めるのはそれほど難しくない

起業してみたいという想いを抱えている方は多いですが、実際にどのようにして起業すれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

起業というと凄い難しいことのように感じるかもしれませんが、始めるのは意外と難しくないのです。

まずはアイデアを出す

起業するとなったらまずはどんな会社にするのかというアイデアを出さなければなりません。

最初からやりたいことが決まっている人であればいいですが、そうでない場合はアイデアを絞り出して決めなければなりません。

また、どういったビジネスモデルでやっていくのかも決めておきましょう。

ネットビジネスなのか店舗ビジネスなのかなどによってビジネスモデルは大きく変わりますが、少資本で始めるならネットビジネスが基本となります。

まず始めてみることが大切

少資本で起業する場合、とにかく始めてみるということが大切です。

中には考えすぎて失敗したらどうしようと行き詰まり諦めてしまう方が多いですが、考えるよりもまず動くことのほうが重要でしょう。

少資本なら失敗しても時間を無駄にするくらいで借金を背負うようなこともないはずです。

そして、始めたらある程度の期間は続けてみるということでしょう。

基本的にどんなビジネスでも始めてすぐに大きな結果が出るということはありません。

出来ることから始めてみて、失敗も含めて経験を積むことで成功に繋がっていくのではないでしょうか。

週末起業から始めて軌道に乗ったら独立するということも可能ですし、チャレンジすることが初期段階での最も高いハードルなのです。

フランチャイズ方式で開業する場合、店舗運営のノウハウを営業本部から教えてもらえたり、仕入先を自分で開拓する必要が無いなど、さまざまなメリットがあります。

覚えておこう!独立・起業に必要な4ステップ!

まずは最初の一歩を踏み出すことが肝心。

「いつかは独立したい」「自分のお店をもつのが夢」という人は多いでしょう。しかし、具体的に何をどうすればよいのかがわからないのが現実です。有料の起業セミナーなどもありますが、起業準備には大なり小なりお金が必要です。なるべくなら独立して生活が落ち着くまで出費は極力抑えたいところですよね。「最初の第一歩」を踏み出せるよう、順序立てて考えていきましょう。

まずは起業する「理由」を決めよう。

なぜ起業したいのか、自分で納得できる「理由」を考えましょう。どんな小さな理由でも良いですよ。起業後、辛いときや苦しいとき「なんでこんなことしてたんだっけ?」とならないように、しっかりと自分の心に刻み込んでおきましょう。この理由が自分自身の「軸」となります。ぶれない軸でありたいものですね。「なんとなくかっこいいから」「楽できそうだから」などといった理由では、軸が折れるのは時間の問題ですよ。

何をしたいか、アイデアを決めよう。

次に、何で起業したいのかを決めましょう。自分の得意分野や好きなことが明確にあれば問題ありませんが、不明確な時は注意が必要です。どんなことでもビジネスにはなりますが、出来るならば工夫してオリジナリティある面白いアイデアを作り上げていきたいですね。

目標となるビジネスモデルを見つけよう。

時間をかけて考えたどんなに面白いアイデアも、ほとんどは先を越されています。ならば、自分の理想・考えに近い人を参考にさせてもらいましょう。その人を真似るところから入り、少しずつアレンジを加えていく方法も良いですね。

いざ起業。継続は力なり。

どれだけ準備しても、いざ始めてみるとイメージ通りにはいかないことがほとんどです。失敗を重ねて、経験値を積んで少しずつ成長していくのです。「起業=継続すること」と覚えておきましょう。

フランチャイズとは個人が本部である企業に加盟することで、その企業の看板や商品を使用する権利をもらって営業し、その対価を本部の企業に支払う営業形態のことです。

起業で見つける

ホームページにお客を呼ぶにはSEOが不可欠

大通りに店舗をだすために

一般的なホームページとは、荒野の一軒家のようなもので、実店舗を出店するには、人通りの多い場所を選ぶ必要があります。そして、目の前を通るお客にアピールするため、ショーウィンドウなどにオシャレなデコレーションを飾るのが効果的になります。インターネットにおいて、店を大通りに出すとは、キーワード検索で上位にランクされることです。商用サイトや企業のホームページにとって、集客性を高めることが何よりも肝心になり、アクセスアップがコンバージョンにつながるわけです。それ故、検索エンジンで上位表示されるテクニックが求められ、それがSEO(検索エンジン対策)と呼ばれるものです。

外部SEOと内部SEO

SEOで最適化されたホームページは、検索エンジンで上位に表示されるため、アクセスが集中しやすくなります。検索エンジンが特定のホームページを上位に表示するのは、そのページを高評価しているからです。その基準として採用されているのが、どれだけ他のホームページにリンクを貼られているかにあります。被リンク数とリンクの質をアルゴリズムで計算し、それに基づいて上位表示されているわけです。そして、閲覧者の多いホームページからのリンク程、評価基準が高くなります。さらに、検索エンジンは外部リンク以外にも評価基準を持っており、それがホームページの中身になります。この場合の中身とは、ページの内容ではなく、プログラミング言語上の適切な枠組みとなります。適切な形式でページが構成されていれば、検索エンジンの評価システムが精査しやすくなるので、評価が上がるわけです。

ホームページ作りが簡単になっている昨今、作るだけでなく多くの人に見てもらうために、検索エンジンの上位に出るような工夫が必要です。ホームページ作成とSEOセットにして最初から作りこみが肝心です。

倉庫にも歴史がある!大量に作ったものは倉庫で保管!

倉庫の始まりっていつだろう

倉庫という言葉は、誰だって聞いたことがあるでしょうし、倉庫に入ったことがない人も倉庫のイメージを持っているでしょう。そんな倉庫は一体いつ頃誰がどんな目的で作ったのでしょうね。太古の昔、古代人は食料を貯蓄するために、貯蔵庫というものを作りました。生きていくために必要な食料を保管しておけば、飢えを死にすることはありません。必要なものを必要なだけ貯めておける場所…それが倉庫の始まりだったのかもしれません。現在の倉庫だって、在庫を切らさないために商品が大量に保管されていますからね。

現代人が保管したいものは?

縄文人は、高床式倉庫を作り食料を保管しました。現代人だって同じように冷蔵庫に食品を入れて保存していますよね。倉庫で保管するものは、お店で品物を切らさないための在庫だと言えます。今の時代は物を消費するのが当たり前ですから、昔よりもさらに大量のアイテムを保管しなければなりません。物流センターと呼ばれる巨大な倉庫の中には、何万点という数のアイテムが在庫として保管されているのです。

もしも倉庫がなかったら…

今と昔は違います…何が違うってとにかく人口ですよね。人口がどんどん増えているもんですから、一人一人が使うものだって大量に作っておかなければ足りなくなります。資源が不足している現代においてはエコロジーが求められます。しかし、必要なものはやはり大量に作っておかないと足りなくなってしまいます。だからこそ倉庫というものが必要だし、もしも倉庫がなかったら大量に作った商品や食料を保管することはできません。そう考えると倉庫の重要性を改めて感じることが出来ますよね。

3PLとは会社にある物流部門を一括でアウトソーシングすることで、物流にノウハウがある会社が行うことで、効率化やコストダウンにつながるメリットがあります。また表向きは自社として働くので違和感がないです。

3PLの物流にアクセス

荷造りのコツ!ダンボールを上手に使って引越そう

荷造り用のダンボールの種類と使用方法

人生の中で多くの人は引越しを経験するのではないでしょうか。引越し作業の中では、何と言っても荷造りが大変ですよね。引越し業者に頼むとダンボールを無料でもらえたりレンタルすることができるのです。通常のダンボールは大小2種類で、大きいサイズには軽い物を、小さいサイズには重い物を詰めましょう。ダンボールを組み立てる際には、面倒くさがらずに底にはガムテープを利用しましょう。特に重いものを詰める際、テープを使わず底を互いに組んでるだけだと抜けてしまうことがあります。また、テープは十字架にしっかり張れば強度が増しますよ。さらに、シャツ、スーツやコートなどしわをつけたくない衣類にはハンガーケースがおすすめ。多くの業者でレンタルすることができるので利用してみましょう。

ダンボールってどのくらい必要なの?

荷物の多い人少ない人様々ですが、おおよそダンボールってどのくらい必要なのかわかりにくいですよね。いざ荷造りしてみると、ダンボールの数が足りなくなってしまった経験を持っている方も多いのではないでしょうか。間取り別に見てみると、ワンルーム、1DK、1LDKではおよそ10~15個、2DK、2LDKではおよそ20~30個。3DK以上ではおよそ50個程度となっています。足りなくなっても、スーパーや家電量販店で無料でもらうこともできるので安心を。また、引っ越しを機に荷物を減らしたいと考えている人は、引っ越し業者が仲介してくれるリサイクルショップを利用すると、捨てるのに多額の費用が掛かるものも、買い取ってもらえて、費用が抑えられたり、時にはプラスになることも。無料で査定してもらえるので一度検討するのもアリですね。

急な引っ越しの際、不用品の回収に困ります。電話1本ですぐに対応してくれる業者があります。不用品の分別をする必要もなく、料金プランもシンプルで安心です。

不用品回収なら東京を読む