そもそも営業代行とは?

営業代行とはその名の通り、商品の売り込みと言った営業業務を業者に委託できるサービスのことを言います。飛び込み営業や電話を使った営業はもちろんのこと、インターネットを使ったマーケティングや広告などの作成、郵送など幅広いサービスに対応しています。営業代行はまさに営業に関する業務をすべて任せることが出来る便利なサービスだと言えます。

営業代行の最大の魅力

営業代行には様々な利点や魅力があるのですが、それらの中でも特に注目したいのが料金設定についてです。料金設定は業者によって異なることもあるのですが、多くは成果報酬型になっています。つまり、商品が売れた時にだけ料金が発生するということです。営業代行というとお金がかかって利益が少なくなる、というイメージが強いのですが、成果が上がった時しか料金がかからないのでそのようなことにはならないのです。もちろん、営業代行は営業のプロなので、成果はしっかりと得られるでしょう。

営業ノウハウが蓄積されない?

そんな営業代行にも1点注意しなければならないことがあります。それは営業ノウハウが会社に蓄積されないことです。営業代行を使わずに自社の営業マンを育てれば、その営業ノウハウは自社の蓄積されていくことになります。しかし営業代行を使えば、いつかは会社を去っていくのですから営業ノウハウが蓄積されません。そのため長期的に営業を強化したい場合には、営業代行に頼りっきりになることはあまり好ましいとは言えないでしょう。しかし、そんな営業代行ですが、最近では営業で得たデータをレポートにまとめて還元してくれることが多いです。それらのデータをしっかりと活用すれば営業代行を利用しつつも営業ノウハウの蓄積が行えるかもしれません。

営業代行を利用することで、優秀な営業マンを育成するための時間やコストを削減することができます。会社設立時や事業拡大時に有効に利用すると良いでしょう。