検定資格の有無が参考に

電話勧誘販売を行うテレフォンアポインター(通称、テレアポ)は、電話を掛ける立場のアウトバウンドと電話を受ける立場のインバウンドに大別され、無作為に電話を掛けるのはアウトバウンド、テレビショッピング等の注文を受けるのがインバウンドです。テレホンアポイントは個人で請け負う方もいますが、代行業者に依頼するのが一般的です。テレアポとして働くには特別な資格は必要ありませんが、社団法人(民間団体)が実施している検定や資格を有しているとテレホンアポイントを行っている企業に就職しやすいため、代行人を探す際には検定資格の有無は参考になります。

選ぶ際は戦略と顧客リストが重要

テレアポは正社員に限らず、アルバイト(パート)でも可能、テレアポは高収入を稼げる仕事として知られています。テレアポは企業の秘密事項に関わる場合もあるため、正社員とアルバイトに関係なく守秘義務が課せられています。守秘義務を違反した場合は賠償責任を負いますが、テレアポは個人に依頼するより業者に依頼したほうが責任能力が増し安心です。初めてテレアポを探す場合に役立つのがネットを利用した一括問合せ(一括見積もり)、希望の人数・料金・期間などをクリックするだけで最適な業者を見つけることが出来ます。一括問合せで業者が見つかっても最終的に決めるのはアナタ次第、他の一括問合せサイトを利用して選ぶのも自由です。テレアポは客を捕まえてナンボの世界、優秀なテレアポ業者は売り込むための戦略(知識・提案力など)や成果に繋がる顧客リストを有しています。料金は高くても実績がある業者に依頼することが、業績を伸ばし客の信用を得ることにも繋がります。

テレアポ代行とは、テレフォンアポインターが行う新規顧客獲得・資料送付などの業務を代行会社が、依頼者に代わって行うサービスのことです。