独立してみたけど売上が…

従来は会社に雇われて働くことが一般的でしたが、今では独立する人は珍しくありません。独立ブームという言葉が生まれたほどに独立する人は多くいます。しかし独立したはいいけど、いまいち売上が作れない、という問題が意外とあります。そんな時は営業代行を利用してみましょう。

営業代行を利用するメリット

営業代行とは、その名の通り、営業業務を代行してくれるサービスのことを言います。独立して間もない頃は社員数も少なく、十分な教育も行いにくいため、営業力がないことが珍しくありません。そんな時に一から教育を行うとお金も時間も足りなくなってしまいます。しかし営業代行を利用すれば、プロの優秀な営業マンをすぐに揃えることが出来ます。なかなか思うように作れなかった売上も徐々に作れるようになることでしょう。さらに、業者によって多少の違いはありますが、多くの場合料金は成果報酬型になっています。つまり売上が出来なかった場合は費用が発生しません。売れた時にだけお金が必要になるので、営業代行の費用で経営が成り立たなくなった、という本末転倒なことにはならないので安心です。

営業代行は計画的に使おう!

営業代行は非常に便利なのですが、1点気を付けたいことがあります。それは自社に営業ノウハウが蓄積されないことです。営業代行は所詮は他者の人間なので、いつかは自社を去っていきます。営業代行ばかりに頼っていると自社の社員が育たないので、営業代行と自社の営業社員の割合を考えながら使うことが大切です。

営業活動には、専門的なスキルと相手との信頼関係が必要で、そのためのコストと期間が必要なため、営業代行を利用すればそれらをカットすることができます。

テレアポで調べる
お問い合わせ