Type your search keyword, and press enter

特殊印刷についての知識が、印刷表現のアイデアで行き詰った時に役立つ

凸版印刷系の特殊印刷

盛り上げ印刷は、凸版で普通に印刷した直後、インクが濡れている状態で無色の樹脂粉末を撒き散らし付着させ、余分な粉末を除去した後に加熱によって樹脂粉末を紙に定着させる特殊印刷です。文字や図像の部分だけが盛り上がり、強い光沢も発するため、見栄えのする印刷物になります。箔押し印刷は、本の表紙などに使われることの多い印刷で、インキに相当するのが専用金属箔シートで、この金属箔の裏に熱溶融性の樹脂が塗布してあるため、加熱した凸版で強く押すことで、箔押しができる仕掛けです。空押し(エンボス)も、凸版印刷系の特殊印刷です。空押しは、インクを使わずに凸版印刷するようなもので、文字や図像が盛り上がったり凹んだりして表現されます。活版印刷も、今や特殊印刷です。活版印刷は、画線部の外側にインクの溜まりができ、独特の力強さが表現されて、その味わいが好まれます。

孔版印刷系の特殊印刷

孔版印刷は、凸版にも凹版にも平版にも分類されない印刷技法で、孔版のどれもが特殊印刷に分類されます。スクリーン印刷(シルク・スクリーン)は、インクを平板かつ分厚く印刷できますので、独特の効果を期待できます。スクリーン印刷は、伝統的な染め物にも利用されているもので、紙に印刷した場合には、他の版式では表現できないインク層の厚い重厚感のあるものになります。版画のアート作品にも活用されています。フロッキー印刷は、スクリーン印刷の派生様式の加工法です。接着剤を文字や図像の形通りにスクリーン印刷で紙の上に載せ、細く短い繊維を振り掛け、静電気でその繊維を垂直に立たせ、接着剤を乾燥させて仕上げます。紙に加工するよりも、布に加工する場合が多いです。

封筒印刷とは、会社などで住所や社名などを予め封筒に印刷しておくことです。いざ使用する際は、相手先の住所氏名のみの記載もしくは印字で発送することが出来ます。郵送量が多い時には、特に快適です。