そもそも確定申告って?

年度末に近づくと、よく話題に上がることのひとつに「確定申告」があります。フリーランスや事業を行っている人にとっては耳の痛い話ではありませんか?確定申告で主に行うことは、その年度に支払った税金・得た利益などを正しく申告することです。加えて、事業にかかった経費・医療費なども申告することで、いくらかお金が戻ってくることがあります。利益や税金を水増しして申告した場合、発覚すると罰金が科せられます。罰金を払わなくてもいいように、正しい金額を申告しなければなりません。

青色申告に切り替えるメリットとは

確定申告には、白色申告と青色申告があります。通常、会社員や主婦が医療費・住宅ローン控除などの申告をする場合は白色申告が当てはまります。また、フリーランスでも白色申告を選ぶことは可能です。しかし、ある程度利益が安定していたり、今後もフリーランスとして活動していきたいのなら青色申告がおすすめです。青色申告に切り替えれば、経費として計上できる項目が増えます。また、最高で65万円の特別控除を受けることができます。万が一赤字が発生した場合でも、その赤字を最大3年間繰り越すことが可能です。このような青色申告のメリットを有効活用すれば、手元に戻ってくるお金が増える可能性があります。節税対策にもぴったりな選択です。

青色申告をするには?

青色申告をするには、「青色申告承認申請書」を一定の期間内に納税地の所轄税務署長に提出し、手続きを行う必要があります。また、65万円の控除を受けるためには、複式簿記でその年度のお金の出入を記帳しなければなりません。白色申告よりも手間はかかりますが、その分優遇措置が高いということです。

青色申告とは、複式簿記方式で記録された帳簿に基づいて所得申告する仕組みで、必要経費として認められる科目と金額が増えるのがメリットです。