集合研修よりもメリットが多い研修形態

全国の支店から社員を集めておこなう集合研修は、参加者からすると研修時間以外にも移動のための時間がとられますし、また集合するための出張費用がかさむことになります。そのため企業においては、インターネットが普及しており社員ひとりに1台のパソコンが貸与されている環境を利用して、eラーニングで公開研修をおこなう企業が増えています。従来の集合研修に見られる、参加するために時間が取られる、また経費がかかるといったデメリットが解消される研修方法のひとつになっています。

自分の時間で研修を受講できること

eラーニングのメリットはパソコンを利用しておこなう研修で手軽にできることや、実施するタイミングは自分の業務があいている時間で実施することができる点にあります。しかも何度も繰り返して講義内容を見ることができるために記憶しやすい環境になっています。チャプター毎に確認テストも用意されているために記憶を確かなものにするための工夫がされています。受講期限が決められているものの、受講者層が広いことで、日常の会話においてもお互いの進捗具合について話題になったりと身近な研修として認知されることも期待されます。

上司は部下の進捗を把握する

また各部署の管理職の人には自分の部下の進捗具合について把握することができるようになっています。進捗が遅れている部下については状況を確認したり、遅れている状況を把握したりできます。また逆に部下としても上司が進捗を把握していることがひとつのプレッシャーになって真面目に取り組むようになります。この実施具合がその人の評価項目のひとつになれば、なお一層の受講の活発化が期待できます。

eラーニングの学習法として、パソコンやスマートフォンなどを利用することが一般的であり、各自のペースで学習に取り組めます。