最初はビジネスマナーを徹底的に学ぶ

新入社員研修を行う際には、最初から実務について研修をするわけではありません。学生気分を抜けださせるために社会人の常識を徹底的に教え込まれることとなります。ビジネスマナーの研修では社員一人ひとりに対してレクチャーがあったり、集団でマナー講座を行ったりなど方法に違いがありますが、いずれの研修を受ける場合にもとにかく素直な姿勢で聞くことにしましょう。新人研修で一番大事なことは能力ではなく如何に純粋な気持ちで社員研修に挑めるかです。雑念を持っていたり反骨心を持ってしまうとその時点で社会人失格ですから、新人研修を受ける際にはとにかく前向きな姿勢で言われたことすべてを吸収する気持ちで受けましょう。

研修はミスをしても大丈夫

新人研修でマナーの研修が終わるといよいよ実務研修に入ることになりますが、実務研修をする際には先輩社員がつきっきりで仕事を教えてくれるので、ミスをしてもフォローしてくれます。失敗を恐れて行動しないよりも、積極的に研修でも行動するほうが高い評価となりますので、失敗したら先輩に助けてもらうという気持ちで実務研修に挑むと良いでしょう。

研修の時には笑顔を忘れずに

研修の時には暗い表情や無表情で受けるのではなく、コミュニケーションが必要になった時には笑顔を忘れないようにしましょう。いつもにこやかな雰囲気を持っていることで先輩社員や上司にも早く顔をおぼえてもらうことができるので、その先の社会人生活も楽しくなっていきます。新人研修で必要なのはやる気と前向きな気持ちです。

管理職研修の内容を調べたいときには、国内外の有名企業の取り組みに目を向けることで、管理職の仕事に対するモチベーションのアップにつながります。